にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

美馬町安楽寺能舞台で美馬能

美馬市美馬町寺町の安楽寺能舞台で、美馬能が行われた。
始めにご住職さんの挨拶。毎年開催するには会員の拡大が重要。
能5

生憎の雨。それでも多くの参加者があった。
能3

本日の能は、弱法師。
良家の息子が追放され、盲目の乞食になって、悲惨の境遇ながら、梅の香りのような澄んだ誌の心を失わない少年のお話。
堪能。
能4

境内は、色付き始めている。
能2

寺町公園も秋の景色だ。
能1
なかなか見られない能を堪能。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/10/28 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

赤門の美馬町安楽寺

美馬市美馬町の寺町を訪れると、ケイトウの真っ赤な花が咲いていた。
安楽寺1

赤は、人の目を引く特別な色だ。
寺町にある、安楽寺の門も、昔から赤色で、通称、赤門寺とも呼ばれる。
徳島県内唯一の、能楽堂があるお寺である。
安楽寺3

大屋根が存在感を示す、寺町周辺。
10月28日には、秋の能楽鑑賞会が開かれる。
安楽寺5

雨模様の日は剣山は見えない。
安楽寺4

寺町にはケイトウの赤がよく似合う。
安楽寺2
10月28日には、秋の能楽鑑賞会。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/09/15 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

アインシュタイン博士追悼文の建つ光泉寺

美馬市穴吹町出身の三宅速博士は、アインシュタイン博士と親交があり、第二次世界大戦の戦火で亡くなられた、三宅博士夫妻への追悼文が記念碑として建てられている。
光泉寺2

人の世のしあわせのために働き
そして世の恐ろしい迷いの犠牲となってともになくなった。
と、
戦争はおびただしい悲しみを作り出す。
光泉寺1

碑の建つ光泉寺は、舞中島という、昔川中島であった場所にある。
光泉寺3

吉野川の洪水被害を受けないよう、高い石垣の上に本堂が建つ。
洪水では、石垣部分は水没していたようだ。
光泉寺5

こんな洪水被害のおきる場所に暮らしていたのは、藍があるから。
藍の栽培に適した地で、藍は明治中頃の時代まで、地域の人々の暮らしを支えてきた。
時代の移り変わりを感じる。
光泉寺4
高石垣のお寺は、かつての藍栽培地風景。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/09/08 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

桔梗の花咲く八十八番札所大窪寺

四国霊場八十八番札所、大窪寺を訪れると、モミジの緑が鮮やかである。
秋には紅葉の名所になるが、夏のモミジも美しい。
大窪寺1

夏の暑い時季、お遍路さんは少なめである。
大窪寺2

それでも、線香の煙は絶えることは無いようだ。次々と参拝の人。
ここで結願する人も大いに違いない。
大窪寺4

納経所の近くでは、桔梗の花が咲いている。
標高の高い場所にあるので、秋の訪れも早いであろう。
大窪寺3

このモミジも3ヶ月もすれば、赤く染まる。
その頃はお遍路さんも多いか。
寒くなると、名物の打ち込みうどんが食べたくなる。
大窪寺5
夏のモミジ風景もいいものだ。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/08/09 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

雲辺寺の、おたのみなす

四国霊場66番札所雲辺寺境内には、巨大なナスの石造物がある。
中をくぐり抜けられるようになっている。
おたのみなす1

「おたのみなす」と言って、くぐって、ナスに腰掛けるとご利益があるもの。
おたのみなす2

ナスの花は一つの無駄なく実をつける。
おたのみなす4

四国霊場の中でも最も標高の高いお寺で、願い事がかないそうである。
おたのみなす5

笑顔の五百羅漢もある。
おたのみ
ナスをくぐって腰掛けご利益倍増。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/07/21 19:55 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -