FC2ブログ

にし阿波暮らし「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

山鳥の暮らす脇町大谷

山鳥4
美馬市脇町の大谷集落、大谷産直市近くを車で走っていると、山鳥が驚きもせずゆっくり歩いている。

山鳥1
吉野川の雲海を見た帰り。

山鳥2
山鳥について、インターネットで調べてみると、一夫一妻だそうだ。
雄の方が尾が長いということなので、右側が雄か。

山鳥3
何かの本で見たことある歌もある。「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」柿本人麻呂。
日本の固有種ということで、古来から日本人になじみ深い鳥だ。
また、雌雄が峰を隔てて寝るという伝承から、古典文学では「ひとり寝」の例えとして用いられたとか。

山鳥5
近くの大谷産直市。ソバが美味しい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

関連記事
[ 2019/01/22 19:55 ] 動物たち | TB(0) | CM(0)

あんみつ館の うだつをいける 

あんみつ館1
脇町うだつの町並み吉田家住宅をメイン会場として開催中の、うだつをいける。
今回は、分散会場として、あんみつ館でも展示が行われている。
シンビジウムがふんだんに使われた生け花が見られる。

あんみつ館2
ここでは、生け花だけでなく、鉢植えのシンビジウムも見事だ。

あんみつ館3
全国シンビジウム逸品展も開催中。

あんみつ館4
シンビジウムの魅力を堪能できる。

あんみつ館5
入場無料というのもありがたい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/21 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

世界農業遺産の地 渕名集落

渕名2
にし阿波は、傾斜地農耕システムが残る場所として、世界農業遺産に認定されている。
その代表的な地域の一つとして、美馬市穴吹町の渕名集落がある。
ちょっと雨模様の日の集落風景。

渕名1
柿の実が鈴なりで残っている。

渕名3
標高の高い集落からは、同じような集落がよく見える。
穴吹町の猿飼集落。

渕名4
こういう傾斜地での耕作や暮らしが、にし阿波の一番の特徴だ。

渕名5
冬野菜が畑にある。
にし阿波の特徴的な風景。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/20 19:55 ] 集落 | TB(0) | CM(0)

蝋梅の咲く頃

蝋梅2
蝋梅の花も今年は早く咲いている。

蝋梅
光沢のある花が膨らんでいる。

蝋梅5
毎年訪れる、穴吹川のヴルーヴィラあなぶきの対岸あたり。

蝋梅4
雨が少ないので、川の透明度も高い。

蝋梅3
川面を見下ろす場所だ。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/19 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

つるぎ町半田の紅梅の開花

梅3
今のところ、暖かい冬となっている。
つるぎ町半田にある、早咲きの紅梅を見に行くと、もう咲いている。
例年より2週間は早そうだ。

梅5
半田川に架かる鉄橋の側。

梅4
私有地の梅のよう。
木には葛が巻き付いているが、花を例年つけている。なので全景は無し。

梅2
春の花便りがとても早そうなこの冬。

梅1
このまま春を迎えてほしいものだ。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/18 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

うだつをいける 脇町劇場オデオン座

オデオン3
今回のうだつをいけるは、吉田家住宅、脇町劇場オデオン座、あんみつ館の3カ所が会場となっている。
生け花の展示数が多いのは吉田家住宅だが、この脇町劇場オデオン座の大きな生け花には圧倒された。

オデオン5
脇町劇場オデオン座は有料。吉田家住宅とセットで1000円。
この脇町劇場オデオン座での展示は1月末まで。早く行かないと見えない。

オデオン2
舞台には婚礼衣装が展示。

オデオン1
写真は一部であるが、周囲にはシンビジウムがいっぱい展示されている。

オデオン4
大きな大谷焼の瓶もあったりする。
迫力の展示は必見。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/17 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(0)

恋成神社のある道の駅土成

土成3
阿波市土成町にある道の駅土成。餐(もてなし)の館の中には、恋成神社がある。
本殿にはハート型の石が祀られているようだ。

土成1
うどんづくり体験もできる。

土成4
土御門天皇七百年記念社もある。

土成5
土成名物の「たらいうどん」のいわれも説明されている。

土成2
さらに楽しみは、お土産品や雑貨、本革カバンなど、多種多様なものが売られていること。
それを見て回るだけでも面白い。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2019/01/16 19:55 ] 神社 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波徳島藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -