fc2ブログ
2012/02/11

日本に誇る忌部の里つるぎ町! 林先生講演会

つるぎ町貞光の就業センターで、阿波歴史民族研究会代表の林博章先生の講演会があり、行って来ました。
会場の後ろには、林先生が撮影し、解説を加えた写真が展示されていました。
講演が始まるまでの時間、皆さん熱心にみられてました。私も同じ。
これは東福寺にある、「あめのひわしのみこと」の絵。
忌部講演会1

忌部に関する友内山をはじめ神社など多数。このブログでまだ紹介できてない場所の情報をいただきました。ラッキー。
忌部講演会2

講演の前には、東福寺の名誉住職さんのお話が聞けました。先日インドから帰ってきたばかりとか。
神社とお寺の関係、忌部別当東福寺の別当の意味など興味深い話でした。
忌部講演会3

そして、林先生の講演。たくさんの人が来られてました。一番前に座ってたので人数はよくわかりませんでしたが、100人は超えてたのでは。県外からも来られていたようで、中には旅行業関係の方もいたようです。新たなツアーの開発かも。
忌部講演会4

徳島県の戦前の県民歌には忌部が出てくるのですね。
忌部講演会5

阿波忌部が全国へ、麻や粟などの農業やいろんな技術を伝えたということ。
忌部の発祥は阿波であること。その言い伝えは、全国各地に残ること。
などなどとても興味深い話です。詳しくは、林先生の著書「倭国創生と阿波忌部」をご覧ください。ブログでは紹介しきれません。
忌部講演会6

阿波忌部が移った伊勢志摩の言葉は阿波部弁であることなど。
あっという間に、2時間が過ぎてしまいました。とても興味深い話でした。
忌部講演会7

そして最後にサプライズ。
つるぎ町の忌部神社関係者と吉野川市山川町の忌部神社関係者の握手。
昔、忌部の本拠論争があった両地。
これからは友に手を繋いで全国へ情報発信していく一歩になるのでは。
忌部講演会8
さらに、今年6月23日・24日に栃木県で開催される、日本麻フェスティバル&フォーラムin栃木で、林先生と、三木家第28代当主 三木信夫氏が、それぞれ90分の講演をされるということです。会場は1,200人収容とのこと。すごい。
全国に阿波忌部の情報を発信されるといことです。
全国に誇れる歴史がにし阿波にあるのです。案外地元の人が知らないのですね。
忌部発祥の地阿波、その中でも中心的な場所があるにし阿波暮らし。にし阿波は昔から全国と繋がっています。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

関連記事