fc2ブログ
2012/05/08

つるぎ町貞光のお堂 宅熊堂(やけぐまどう)

4月下旬につるぎ町貞光の竹屋敷のツツジの名所を訪れた時に、すぐ近くの宅熊堂を訪れました。
立派な看板があります。
宅熊堂1

お堂は谷のすぐ側にあります。
いい雰囲気のお堂です。
宅熊堂2

お堂の中に、宅熊(やけぐま)の地名の由来が書いてあります。
昔、この近くには熊が住んでいて、ある時、家の屋根に上がって下りてこなくなり、火を付けて煙でいぶせば下りるだろうと火を付けても、屋根から離れず、大きな火になってとうとう辛抱できず、近くの谷に飛び込んで死んでしまったそうです。それから、焼け熊と言うようになったとか。そして焼け熊が→宅熊となったと。
また、熊の祟りをおそれて、正月の神さんを元旦に迎えず、十四日に迎える一日正月も行われていたと。
宅熊堂3

この石造物は何を祀っているのでしょうか。熊?
すごいですね。熊は山の神というか神聖なものだったのですね。
宅熊堂4

この谷のどこかに熊が飛び込んだのですね。
宅熊堂5

近くには桜がたくさん植えられています。
訪れた時には散ってましたが、遅咲きの種類でしょうかピンクの花を咲かせてました。
宅熊堂6
地名には物語や伝説があります。
宅熊の由来、これからも伝承してほしいですね。そこには動物(いろんな生き物)との共存社会が表れているように思います。
物語がいろんなところにあるにし阿波暮らし。大事にしたいものがいっぱいあります。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事