fc2ブログ
2012/05/27

にし阿波の峠 相栗峠 美馬市脇町平帽子

にし阿波は山々が多く、その山を越えての交流が盛んであったことから、峠道が多くあります。峠には石造物や物語がたくさん残っています。
美馬市脇町平帽子の相栗峠を訪れました。
峠の向こうは香川県です。
相栗峠1

峠の徳島県側の道路より高くなったところに、相栗大師堂があります。
相栗峠2

信仰が続けられています。
相栗峠3

峠の脇町側には大きな常夜灯があります。民家のすぐそば。昔の里道沿いです。
峠について詳しく書かれている本があります。
峠の石造民俗 (財)徳島文化振興財団発行
一部紹介します。
相栗峠は標高570メートル。・・・
平帽子は、文治元年(1185年)に平家の落人藤原左近丞が土着した村である。・・・
この常夜灯は、金比羅参りに行けなかった老病人や子どもたちが、その祭日や正月に此処に集まってお参りすると、本宮を参詣したのと同じ御利益があると言って信仰したという。また、本宮参詣人や通行人が、この常夜灯に参拝していたとも言われている。・・・
相栗峠4

峠近くの民家ではイノシシが飼育されていました。大きいです。
相栗峠5

小さいのもいます。
相栗峠6

花もいろいろ育てられてるようです。きれいなバラが咲いていました。
相栗峠7
昔の人々はこの峠を越えて行き来していました。いろんな思いを抱きながら超えたのだと思います。
峠道がたくさん残るにし阿波暮らし。峠の石造物を見ると昔が蘇るような気がします。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事