fc2ブログ
2012/07/29

世界農業遺産の郷つるぎパネル展 貞光ゆうゆう館で開催

つるぎ町貞光の貞光ゆうゆう館で、林博章先生の「世界農業遺産つるぎ」パネル展が開催されています。
8月3日まで。
林先生写真展1

コエグロと家賀を世界農業遺産の象徴にと副題が表示されています。
林先生写真展2

コエグロ(茅などを刈って円錐状に積み重ねておき、春には畑の肥とする)の写真や石積み集落の写真など、つるぎ町の集落の魅力が紹介されています。
林先生写真展3

急傾斜の畑。にし阿波によく見られる風景です。
林先生写真展4

山上の集落風景。にし阿波ではあたりまえにこのような集落が見られますが、他県ではそう見られない風景。
これも三波川変成帯という地層から、変成帯で石が砕け、山の上の方でも水が湧き出しやすいということがあります。集落は山の方からできてきたとも言われます。
林先生写真展5

傾斜地をうまく活かして農業が営まれてきました。
農地の美しい風景があちこちで見られます。
林先生写真展6

お堂ではよそでは見られない、念仏踊りが行われます。
林先生写真展7

コエグロ。茅を肥料として活用してきました。今もにし阿波の独特の風景として見られます。
林先生写真展8

石垣を積んだ民家の様子。庭先には大きなハデ(稲や、麦、そばなどをかけて干すもの)が見られます。
どれもこれもにし阿波独特のものです。まさに山間地の斜面で農業を中心に暮らしてきた遺産がここにあります。
世界農業遺産になってもなんら不思議が無いように思いますね。
林先生写真展9

詳しくは、林博章先生の著書をご覧ください。
オオゲツヒメと倭国創生は最近出版されました。読んでるところです。
このブログでも、林先生の倭国創生と阿波忌部をとても参考にさせていただいています。
詳しくは → 阿波歴史民俗研究会
林先生写真展10
山上の集落風景はまさに世界遺産と言っても過言でないにし阿波暮らし。魅力ある風景の数々が見られます。

訪れた時に、ここにしかない、おからドーナツがあったので豆腐といっしょに購入。美味しいですね。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事