fc2ブログ
2014/11/15

秋 安楽寺能舞台で恒例の美馬能を楽しむ

今日(11月15日)、美馬市美馬町寺町にる安楽寺能舞台で、美馬能楽の会主催の美馬能が開催されました。
安楽寺能5

秋の晴天、境内の紅葉も見頃です。
安楽寺能1

いつも美しい安楽寺境内。
安楽寺能2

開始に先立って、安楽寺住職、美馬能楽の会代表の千葉さんからのお話。
安楽寺では、今年大きな行事があって(親鸞聖人七百五十回大遠忌法要 法楽能もあったようです)、春の狂言等の開催ができなかったこと、
今日はいろんなイベントも重ねっていて、いつも2回公演のところ、今回は1回公演としたこと、などなどお話されていました。
熱心な能楽の愛好家の皆さんが参加されていました。
安楽寺能3

今回の能は「班女(はんじょ)」、シテ河村晴道。
遊女花子が、扇をとり交わした相手を恋し、遊女のひたむきな恋をあらわしたもの。
世阿弥作。幽玄の世界に引き込まれました。
能の前には、舞囃子として歌占、仕舞として松風、融が演じられました。
本物の日本の伝統芸能を堪能しました。
世界に誇る日本ならではの文化、継承にはお金もかかります。またこのような、にし阿波のような地方で鑑賞できる機会を増やすことも大切だと思います。
安楽寺能4

公演が終わって、外へ出ると、秋の青空。
文化の秋のいい1日。
安楽寺能6
世界に誇る日本の伝統芸能をにし阿波で堪能。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

にし阿波の魅力風景が、たくさんの写真や、動画で紹介されているサイトです。ご覧ください。
→ にし阿波お勧めビューポイント100選
関連記事