fc2ブログ
2015/10/05

美馬市美馬町寺町の安楽寺で能を楽しむ

美馬能楽の会主催による、能鑑賞会が10月4日に行われた、美馬市美馬町寺町の安楽寺。
特徴の赤門の写真の下は、ビッシリと車が並んでいた。
安楽寺能5

平成27年の能鑑賞会は、これまでの2回公演から1回公演となって、1回あたりは多くの観客。
会員募集中なので、興味がある方は是非会員になってほしい。
安楽寺能1

今回の演目は、「忠度(ただのり)」。
平清盛の末弟にあたる平忠度。歌人としても武人としても優れた人。その歌にまつわる話。
「ささ波や 志賀の都は荒れにしを 昔ながらの山桜かな」
「行きくれて 木の下蔭を宿とせば 花や今夜のあるじならまし」
戦は昔も今も避けたいもの。 
シテ 河村晴道。
今回、小鼓は成田達志。軽快な小鼓の音が心地よい。
徳島新聞さんも取材 徳島新聞記事 → 幽玄の世界180人が堪能 美馬市・安楽寺で能楽鑑賞会
安楽寺能2

能の鑑賞が終わって、外に出ると、枯山水の庭がそばにある。
剣山を借景としてものである。
安楽寺能4

遠くに見える剣山は霞んでいた。
安楽寺能3
芸術の秋、本物の技に感動。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

にし阿波の魅力風景が、たくさんの写真や、動画で紹介されているサイトです。ご覧ください。
→ にし阿波お勧めビューポイント100選
関連記事