fc2ブログ
2019/07/05

雨模様の久薮阿弥陀堂

堂2
大きな数珠と、かかしが座るのは、つるぎ町一宇の久薮阿弥陀堂である。


堂3
雨に濡れた屋根が、鏡のようになっている。
大きなお堂である。


堂4
集落の暮らしの中心的な役割を担ってきたのであろう。
紫陽花畑とお堂風景。


堂1
山間部の暮らし風景が残る。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事