fc2ブログ
2015/02/27

東端山、西端山の棟付帳 

徳島県立文書館で、文書館の逸品展、「端山に見る山間庄屋の展開」が開催中です。1月27日~4月19日。
展示物の中から紹介。
端山には、徳島藩最初の棟付改で作成された明暦4年(1658)「美馬郡之内東端山村棟付人改御帳」と、「美馬郡之内西端山棟付人改御帳」とが残されています。
これでは、東端山の石高が300石あまり、西端山が302石あまり。
棟付け帳

二つの相違として、東端山には「村」がつき、西端山は「山」でとまっているということ。
山と村では、年貢の形態がちがうというのがあるようです。ただ、東端山も延宝期の棟付帳の表題からは「村」が消えているとか。
また、棟付改の漏れ人の発生(年貢との関係か?)や、直訴の話など、興味深いことがいっぱい紹介されています。
棟付け帳1
徳島県立文書館逸品展 端山に見る山間庄屋の展開開催中。(4月19日まで)、展示解説は3月22日。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください


にし阿波の魅力風景が、たくさんの写真や、動画で紹介されているサイトです。ご覧ください。
→ にし阿波お勧めビューポイント100選

徳島県×リアル宝探し 阿波国の秘宝伝説開催中

~あわこい~にし阿波体感プログラムイベント 開催は2月1日~3月15日
関連記事

コメント

非公開コメント

古文書を見るのは本当に楽しい。
私はシロウトに毛が生えた程度の古文書の読解力しか持ちあわせず95%まで解読不能です。
でも、何百年も前に生きていた人に会うことはできないけれど
「ああ、このノートは当時の人が実際に手にして、書かれている文字も当時の人が実際に書いたものなんだ」
と思うだけで感動に身震いします。

そんなで県立図書館に行って時間に余裕があれば文書館にも立ち寄るのですが「端山に見る山間庄屋の展開」展はまだ行っていません。

でも最終日までには絶対行くつもりです。
先日仕事で休校になっている端山小学校あたりを初めて訪れたこともあり、興味は津々です。
(時間がなかったので中へは入らなかったけれど東福寺も山門前までは行ってみました。これも白うさぎさんのブログでよく目にしたり「阿波のお堂」という本を読んだりしなければ無視していたお寺です)

Re: タイトルなし

阿波狸 さんへ

古文書ワクワクします。が、読めませんので、解説本や、解説者が必需です。
先日は、文書館の展示解説に参加し、興味深い話をいっぱい聞かせていただきました。

古文書を読めるようになれば、どれだけ楽しいかなと思っています。