fc2ブログ
2016/12/09

東みよし町大柿遺跡 

吉野川北岸の平野部、東みよし町昼間に大柿遺跡がある。
時には吉野川の洪水に悩まされながら、古代から暮らしが営まれてきた地である。
大柿2

上の写真の北側に、案内看板が設けられている。
縄文時代からの遺跡が地面の下には残っている場所だ。
大柿1

すぐ近くに、天椅立神社(あまのはしだて神社)がある。
また、その近くには立法寺廃寺跡もある。古くからの中心的な場所であったのであろう。
大柿3

天椅立神社の前には、小字を紹介する看板が立っている。
大柿遺跡は地名から名付けられている。小字を見ると昔の土地利用がよくわかる。
川港があったり、市場があったりと、昔の暮らしが蘇る。
大柿4

古代の暮らしを思いながら天椅立神社から眺めるのもいい。
大柿5
古代からの暮らしの歴史がある地。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事

コメント

非公開コメント