fc2ブログ
2012/03/08

国指定史跡「段の塚穴」古墳 四国最大級の石室

美馬市美馬町ににある国史跡の古墳「段の塚穴」
約1,400年前に造られたとされます。
この青石の石積み、素晴らしい技術です。写真は太古塚です。
段の塚穴1

横穴式石室が石積みで美しく造られています。
段の塚穴2

段の塚穴3

現代でもこんな大きな石をきれいに積むのは難しいと思います。
石も青石を吉野川かさらにその南から運んできたのでしょうね。この付近では産出しないと思います。
段の塚穴4

見晴らしのいい場所に造られています。
段の塚穴5

南側を見ると、吉野川沿いの平野です。
相当な勢力を誇る豪族がいたのでしょうね。
段の塚穴6

水仙が咲いていました。
段の塚穴7

南側から見ると、右側が太古塚、左側が棚塚です。
段丘の上にあって、吉野川の洪水があっても心配のないところにあります。
この古墳に関わる勢力が、仏教の伝来を受け、郡里廃寺の建設にも繋がるのでしょうね。時代的には連続しています。
段の塚穴8
3月10日には、東みよし町の丹田古墳に関する講演会が開催されます。2月28日のブログで紹介。→ 丹田古墳の世界 東みよし町は古代遺跡がいっぱい
丹田古墳は石積だけでできた古墳のようです。この段の塚穴とどのような関連があるのでしょうか。また、この古墳を造る石積み技術が全国へ伝わったのでしょうか。興味はつきません。
古代の古墳が今もたくさん残るにし阿波暮らし。古代から暮らしやすいところだったのでしょうね。講演会「丹田古墳の世界」は3月10日にあります。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事

コメント

非公開コメント

おはようございます

とても魅力的な洞穴ですね。
明日香の石舞台に通じる技術で、屋根の部分の大石の厚さがいいですね。
入ってみたいです。

Re: おはようございます

つしまのひのき さんへ

大きな古墳です。人が立って入れるほどです。
そして石積みが見事です。
古墳づくりの技術がどうもいろんなところに伝わっているようです。
古代を思い浮かべるロマンあふれる場所です。