fc2ブログ
2012/10/05

脇町うだつの町並みのうだつまる ゆるキャラグランプリエントリー

歴史が今に伝わる脇町うだつの町並み。
古い建築の家屋が並びます。
その中でも古い、田村家。
うだつ丸1

1711年の棟札。ここで2番目に古い建物。
うだつ丸2

この町並みで1番新しいうだつの、うだつまる。
先日のうだつまつりの時。元気いっぱい。
うだつ丸3

うだつの町並みで大活躍。
うだつ丸4

ゆるキャラグランプリ参加中です。投票はこちら → ゆるキャラグランプリ2012
うだつ丸5

冬のうだつをいけるの時。寒い冬も平気です。
みんなで応援したいですね。 投票はこちら → ゆるキャラグランプリ2012 
うだつ丸6

台風接近時のうだつの町並み。
さすがに人通りはありません。が、雨に濡れた町並みも風情があります。
うだつ丸7

賑やかな時、静かな時、雨や雪、いろんな風景が魅力的な町並みです。
うだつ丸8
人気のうだつまるが暮らすにし阿波。ゆるキャラグランプリ応援してます。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事

コメント

非公開コメント

雨に濡れたうだつの町並み、最高の風情があります。
そういえば、うだつの町並みの写真はこれまで晴れの日のものばかり見てきたように思います。

私が東京に暮らしていた40年前の原宿も雨の夜が最高にきれいな町でした。
表参道からまっすぐに伸びた広い道、ケヤキ並木、両側には大正期に建てられた文化住宅が健在で「おちついた」という形容はこの町のためにあるなあ、と思っていました。

今の原宿は完全に別人です。
「便利」「儲け」の名の元に人の心の拠りどころさえも簡単に捨て去る現代って、何なんでしょうな。

私にとって今日の「にし阿波 暮らし」の最高の一枚、「雨の日のうだつの町並み」を見て、昔を思い出してしまいました。

Re: タイトルなし

阿波狸さんへ

脇町うだつの町並みは、観光客のためだけに整備されてるのでなく、暮らしの場であり続けていることがうれしいですね。

吉田家住宅は十数年前おばあちゃんが一人暮らされていて一般公開されていなかったものが、おばあちゃんが亡くなられて無人になり公開されたと聞き、「公開されなくても、家に暮らす住人がいるほうが健全な町といえるのではないか」と複雑な心境になったことを覚えています。
このへんとても難しい問題です。

Re: タイトルなし

阿波狸さんへ

「うだつの城下町」(著者 真鍋利夫、編集者 吉田泰一郎)の編集後記に建物を町へ寄付された吉田さんがその経緯を書かれています。